2018年4月19日木曜日

グンマ-維新Vol.3 SLOW TIME cafe

 14日(土)、高崎SLOW TIME cafeにてグンマ-維新Vol.3が開催されました。
 イヨク、アオバ、小玉しのぶ、さとう麻衣、3人と1組のシンガ-ソングライタ-による楽しいライブでした。
 イヨクさんは何となく自信なさそうな感じで始まるのですが、歌い出すと力強くて、そのキャラクタ-が魅力的です。アオバの2人はもうベテランの雰囲気、即興ソングがおもしろかった!小玉しのぶさんは初めて聴きましたが、男前の感じでカッコよかったです。
 さとう麻衣さんは、群馬在住の人たちに加え、東京で知り合ったミュ-ジシャンを毎回ゲストに呼び、個性的で実力のあるメンバ-を集めて、このグンマ-維新を企画しています。新しい歌もどんどん披露し、日々成長しているのが感じられ、今後のさらなる活躍が本当に楽しみです!

さとう麻衣さんのグンマ-ソングはこちら→未開の地、なっから近い外国。「グンマ-」


 

2018年4月8日日曜日

プロムジカ女性合唱団

 4月4日、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂にて、ハンガリ-のプロムジカ女性合唱団のコンサ-トが開催されました。
 40名ほどの女声合唱、天井の高い厳かな教会で聴く宗教曲はとても美しく、目をつぶるとハ-モニ-の動きがまるで印象派の絵を見ているように感じられ、音楽を聴く以上の貴重な体験をしたように思います。
 建築家丹下健三の設計した教会の雰囲気も独特で、残響もたっぷりありました。合唱団の女性たちは会場広くちらばったり、歌いながらステ-ジに集まったり…お客さんを取り巻いて美しい響きで包んでくれる、まるで天使みたいな存在に感じられました。
 アンコ-ルに「赤とんぼ」や「ふるさと」など日本の曲も歌われました。身も心も洗われたような…清らかなコンサ-トでした。


2018年3月27日火曜日

cafe alto スリ-マンライブ

 25日、東口のcafe altoにて、市川優希、横山ナオ、さとう麻衣のスリ-マンライブがありました。先日、山口貴大さんのライブを聴きに行った会場です。貴大さんのワンマンライブもとても良かったのですが、今回は個性豊かな3人のシンガ-ソングライタ-の歌がたっぷり聴けたとても楽しいライブでした!
 さとう麻衣さんとは10年以上の付き合いで、親子ほど年齢は離れているのですが、お互いこの10年はいろんなことがあったなあと、彼女の歌を聴きながら思い返したりしました。誰しも皆何かを抱えて、辛いことや悲しいこと、大変なことがいろいろあるけれど、その分楽しいことや嬉しいこともたくさんあって、それを全て味わうのが人生の醍醐味で、そういうところから音楽も生まれてくるのだと思います。
 3人のそれぞれの歌、また聴ける機会を楽しみにしています。
 






CDには入ってない歌、なっから近い外国グンマ-ソングはこちら→グンマ-
 

2018年3月1日木曜日

「新世紀、パリ・オペラ座」

「新世紀、パリ・オペラ座」、シネマテ-クたかさきにて上映されています。オペラとバレエ、最高の舞台を作り続ける様々な人々を追いかけるドキュメンタリ-映画。ドキュメンタリ-なんだけど、まるで俳優さんかと思える個性的な登場人物たちがおもしろい!音楽ももちろん素晴らしい贅沢な映画です。以前、パリオペラ座のバレエを東京で見たことがありますが、本当に凄かった!この映画でも迫力のあるバレエシ-ンが見られます。15:00~上映、残念ながら明日2日までですが…
予告編はこちらです→「新世紀、パリ・オペラ座」

2018年2月20日火曜日

群馬バロックオ-ケストラ 特別演奏会

 17日、前橋テルサにて「群馬バロックオ-ケストラ 特別演奏会」が開催されました。
 前半は豪華3人のソリストが登場。テレマンのヴィオラ協奏曲、バッハのオ-ボエ・ダモ-レ協奏曲、モルタ-のクラリネット(D管)協奏曲という、普段聴く機会の少ない楽器による協奏曲、それぞれの楽器の良さが味わえる曲で、とてもおもしろかったです!
 後半はヘンデル、弦楽器と木管楽器が重なった美しいオ-ケストラの音色と、息の合った生き生きした演奏、音楽の楽しさがよく伝わってきました。バロックは昔の音楽と認識しがちですが、ちっとも古くない!その時代には斬新だったに違いないと思いました。そして聴いたことのないバロックの曲がまだまだたくさんあり、奥深い世界が広がっているのを想像してワクワクしました。

 演奏会終了後には懇親会もあり、演奏者の方たちといろいろお話ができて嬉しかったです。毎回充実したプログラムで、大変勉強になる群馬バロックオ-ケストラの演奏会、次回も楽しみです!






2018年2月10日土曜日

「Ryuichi Sakamoto :CODA」

先日、シネマテ-クたかさきで「Ryuichi Sakamoto :CODA」を見ました。震災以降5年間の坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリ-、音楽活動だけでなく日常生活にも長期間密着したおもしろい映画です。震災があって、病気になって、歳も取って…というような誰もが抗えない出来事に苦悩し、思索しながらピアノに向かう坂本さん、痛々しくもありましたが、親しみも感じられました。
若かりし頃の貴重なインタビュ-や映像も興味深い!昔、YMOの名古屋公演を聴きに行き、YMOって白字で書いてある真黒なエプロンを買ったことを思い出しました。あれから随分時が経ち、この映画を見て、坂本さんだけでなく自分も歳を取ったんだなあと深く実感しました…

2018年2月3日土曜日

群馬バロックオ-ケストラ特別演奏会「ひ・み・つ」

 2/17(土)16:00~、前橋テルサにて群馬バロックオ-ケストラの特別演奏会があります。毎回聴きに行っていますが、いつも充実したプログラムでとても楽しいです。
 今回はソリストが3人、とても豪華な顔ぶれで贅沢な、新春にぴったりの華やかな演奏会になること間違いなし!ぜひお出かけください!

詳細はこちらです→群馬バロックオ-ケストラ 特別演奏会「ひ・み・つ」